やな日記

7/16/2017

暑い。ブログもずいぶんご無沙汰であった。
ようやく頭と体がこの暑さに慣れたようだ。

こういう時は激辛系のものを食べたいんだけど
家の近所においしい激辛系料理屋がないのが残念。

相変わらず、古い映画ばかり見ている。
成瀬巳喜男「流れる」の山田五十鈴の小唄に
感動する。なぜ感動するのかがわからない、という
ことはほんとうに感動しているのだな、と思う。

ところで、下北沢路上で「アラビヤ小唄」を唄っていたら、
外人さんがじっとりと興味深そうに聞いていた。
エキゾチックなおっさんに見えたんだろうねえ。
顔も薄いし。

いや、ほんとうにねえ、全世界的に今時の歌には
ドキドキを感じなくなっちゃった。みんな
カラオケ用音楽に聞こえちゃう。それもいいけどさあ。

55曲の前に、まずは大阪。すごく集中できそうな気配。
うれしい夏はとっくに始まっているのだった。

RIMG0003.jpg



6/26/2017

獣医大学の話も、うやむや作戦の様相。
これでなんとなく収束してしまうのかねえ。
この前辞めた都知事だって、結局不起訴だったりするわけで。
ほとぼりさめれば、それでおしまいといういつものパターン
なのかなって思うこの頃。無力感も越えてあっけら感。

体力をつけなければならない。1日30曲歌うのが多分上限の
はずなのに、無謀な企画を立ち上げてしまった。
けれど体力をつけたからといってノドが強くなるわけでもない。
よく腹筋を鍛えるという人がいるけどねえ、あれもどうなんだか。
わかりやすいっちゃ、わかりやすいけど。

1セット終わるのに1時間かかるストレッチをやったことが
あるんだけれど、途中でからだが攣(つ)ったしなあ。
ヨガも大変な目にあった。筋肉痛で次の日、起きられなかった。

というわけで、もうなんにもしないことにした。もしも本番でノドが嗄れたら
「やなちゃんのトークライブ、これがわたしの生きる恥」
に演し物を変更するかな。アハハハ。

battenn2.jpg
心の祖母


6/17/2017

昨日の話。

サム・クックの「A change is gonna come」は「イマジン」や
「風に吹かれて」クラス?の超名曲。なので大事に歌っていたら、
なんだかつまらない。なんとかブギウギにして乗り越えた。
あの曲はある人に贈ろうと、気持ちをこめて訳して歌ったのだった。
この苦境もいつか良い方向に変わるんだよ、という希望を込めて。

9月は旅。もみじまんじゅう〜一六タルト〜そして・・・(笑)


6/13/2017

知り合いになった録音家が制作したインドネシアの歌手のCDが
とても良かった。 Slamet Gundonoさんという方。魂と直結した
音楽というのはねえ、もう憧れだわ。

で、そのショックも醒めぬままに出かけて聞いた
神保町・試聴室での藤原大輔+外山明+井野信義のライブが
これまた面白かった。トマス・ピンチョンからインスパイアされた曲が
良くてねえ。魂と直結する方法は古今東西いろいろあるわけで。
リアルワールドはいまだ驚きに満ち溢れていると。

ツバメの子供がかわいいわ〜、カラスの襲撃だけが心配なり。

IMG_0391.jpg



6/1/2017

のんびりしている。

ここのところ思うことは
「バカは伝染(うつ)るのではないか」ということである。

バカ(物事の道理がわからない人)がキライだった人が、
突然バカになってしまうことに、ここ最近よく遭遇した。

「あんなバカにはなりたくない」と言っていた人が
そのバカに犯されたとしか思えないのである。
映画「ボディ・スナッチャー」(ドナルド・サザーランドのやつ)
のラストシーンのようで、怖くて震えてしまうなあ。

閑話休題

三文オペラの2ndフィナーレを歌うと共謀罪にひっかかる
かもしれないというご指摘、さもありなん。お願いだから
密告しないでねって、もう、それ、冗談じゃないんですから。

DSCN2821.JPG.jpg


5/28/2017

お呼ばれレコーディング。プロフェッショナルなレコーディング。
パソコンをあやつるアシスタントさんの、そのスピードに驚愕。
ゲームの達人のようなキーボードさばきで編集がたった数秒!
歌うというよりは、生歌というデータをただインプットして
いるような感覚に陥りそうに。まあ、こちらがのんびりと
歌えばいいだけの話なのだけどね。

夏の一日、懐かしい店でたくさん歌うことにした。
マンダラ2での柳原ワンマンってずいぶんひさしぶり
じゃないかなあ。ぜんぜん楽じゃない、ハードな一日に
なると思うけどねえ・・・
勝手に燃え尽きろ症候群ということで(笑)

IMG_0349.jpg


5/17/2017

エゴさんはへなちょこ異星人だった。
スカートさんは触ってみたらモコモコしていた。
なんだか人間の務めを果たしたような気持ちになれた
ピテカン#3だった。いい意味で投げやりな
「オリオンビール」とわたし一人が切羽詰まっていた「水中の光」が
ライブの白眉。一期一会ってこういうことなのかなと。

1709-DSC09707 のコピー.jpg photo by 深堀瑞穂


5/12/2017

久しぶりに頭と体を猛烈に使うリハーサル。

バンドの頃は譜面なんて使わなかったし、
歌詞も最初はほとんどいい加減なままだった。
けれど、なんどもなんども同じ歌を歌っていたら、
アイデアが自然と湧いてきて、曲の体裁が整えられて
いった。ミスが転じてよいアイデアとなることも
あったりね。

ま、ソロになるとそんなこととは無縁だ。
いつでも休める自由と好きな歌を気ままに歌う
自由は手に入るのだが(笑)

エゴラッピンさんとリハーサルしていて
「ずっと昔はこんなリハーサルをしていたなあ」
と思った。バンドアレンジが固まってくる
までの濃厚でスリルのある時間を久しぶり
に味わった。おかげでクタクタになって
回転寿司で泥酔した。普段は全く食べない
ローストビーフ寿司はけっこううまかった。

CIMG4603.jpg


5/8/2017

楽器を弾いて、食べて、散歩して
眠っての繰り返し。ツアーは秋からかなあ。

深呼吸と腹式呼吸を両方やるといい、
というのでさっそくやってみる(テレビの
健康番組はかなり見ているのだ)

歌っているせいか腹式呼吸は
簡単なんだけど、深呼吸が難しいことに
気がついた。両方出来るとけっこういい感じ。

あとねえ、青汁のCMが好きだわ。30分ぐらい
のドラマ仕立てのCM。家族との幸せな生活が
「命に関わる病」で暗転、青汁飲んで
今は元気になりました、という筋立て。
いつも最後まで見てしまってチクショー(笑)

では〜お仕事、お家事、お勉強、がんばってね。

IMG_0322.jpg


5/2/2017

ゴールデンウィークはお仕事。真面目な会合。
会合の雰囲気を和らげようと軽いジョークを
放ってもスベる。人を笑わせるキャラ
じゃないのについついそれを忘れてしまうのが
情けないところ。

世の中変わってしまったなあというのが
昨日の会合の印象だけれど、一人の人間が
おおもとのところでやれることなんて、そう
昔から変わらないんだからね。それを忘れて
がんばっちゃうと、ちょっと辛いことになるなあ。

それにしても、わたしごときを盛りたててくれる
方々がいることに感謝。こんなベビースターじじいを。

ああ、なんかイヤな感じになってるので
言っておきます。戦争反対。共謀罪反対。
なんでも言えることが大前提の世の中じゃないと
わたしはとても気持ち悪い&居心地悪いです。

RIMG0006.jpg



4/25/2017

最近仕事の合間にベビースターラーメンを食べている。
なかなかやめられない。

子供の頃、母親に隠れてチキンラーメンをそのまま
ポリポリかじるのが大好きだった。大人になったら
好きなだけ食べてやろうと思っていたが、
ベビースターの登場でその夢は割と早めに
叶ってしまったのだった。

ちなみにわたしがこの世の最後に食べたいものは
「サッポロ一番しょうゆラーメンにコーンをトッピング」
まあ、インスタントラーメンがこの世に登場したのが
自分が生まれた頃だからね。悲しいかな、わたしの
ソウルフードはインスタントラーメンなのかもしれない・・・
ポリポリ。

CIMG6811.jpg


4/19/2017

17日は面白かった。あんなに歌う人たちだとは(笑)
コーラスとかはお好きにどうぞって、おまかせ
していたんだけど。

同世代のミュージシャンたちと「節」みたいな音楽を
一緒にやって楽しいってことはあまりないんだ。
ま、演歌に代表される日本のポピュラー音楽が「ダサイ」、
「月並み」って意識が抜けきれないんだろうね。

マービン・ゲイも盆踊りも北島三郎もそんなに
オレの中では変わらないんだけど、それは
自分がミュージシャンというよりは
歌い手だからかもしれないな。

けど、17日はそんなことはまったく考えなくてよかった。
メキシカンもアイリッシュも昭和歌謡もあっさりとクリア。
わたしのアレンジがよかった・・・というより、
まったくミュージシャンの力のおかげだろう。
音楽的視野が圧倒的に広いんだわ。

で、これからは若い人たちに介護されながら
歌おうと思った(笑)
どうぞよろしくお願いします。

ではまた〜

CIMG6817.jpg



4/13/2017

米朝緊迫!って見出しを見ても、ざこばと月亭可朝の顔
しか思い浮かばないオレは平和だな。

IMG_0274.jpg


4/11/2017

まただらだらと。

ネット通販で何か買う時、通信欄に
「そんなに急ぎじゃありません」ってよく書くけれど。
昨今、早すぎるよねえ、品物届くの。

不満足の乙武さんがテレビに出てた。
お笑い芸人が「あなたはかっこつけすぎでキライ」
って言ってたんだけど、彼はかっこつけなきゃ
生きてこられなかったんじゃないのかねえ。

島尾敏雄の本を読んでいたら、彼が南相馬に
関わりのある人だったことがわかってびっくりポン。
ユニークな人が多いわ、あの辺りは。

譜面を書いて、4/17のメンバーとリハ合奏。
たぶんオレの譜面なんてミスだらけで
ひどいもののはずなのに、彼らは軽々と
ミスもなく演奏してしまう。
きっと「まったく、読みにくい譜面だぜ」って
思いながら演奏してるんだろうなと思うと、
わたしの声もますます憂いを帯びて、絶好調(笑)
こうじゃなきゃね、新しいことをやるんなら。

では。明日は晴れてほしいな。葉桜見学予定。

IMG_0272.jpg


4/2/2017

だらだら書く。

若者たちと演奏すると楽しい。

あんまり若者たちなんて一括りにしてしまうと
じじいみたいなのだが(たしかにじじいなのだが)
ふと思ったことを書いておきます。

一見、最近の若者さん、とてもクールにみえるんだけど、
やっぱり自分が他人にどう思われるかをヒジョーに
気にしておるのだなあ。自分が人から拒絶されたり、
スルーされたりすることに予防線を張って
いつも警戒している感じ。もうそこらへんね、
痛々しいぐらい。もはや本能のよう。

「わたしはわたし、あなたはあなた」堂々と
開き直れば、もっと楽なんじゃないかとも思うんだけどね。
ステージで歌って生き恥をかいてきたから
こんなこと軽く言えるんだけどさ。

では、譜面書きの時間がやって参りました。

またね〜

IMG_0222.jpg


3/30/2017

だらだら書く。

横浜でライブ鑑賞。
最近、おいしいパン屋探し(とワイン屋探し)が
好きなので、ちょっと遠出でもうれしい。

ユダヤ人って頭の出来が並じゃない。
ガーシュインやコール・ポーターの曲を
聞いてなんだかそう思った。
そういう考え方はよくないとは思うけれど。

アレンジ譜面書き。
自分がアレンジ譜を書くなんてねえ・・・
まあ、楽しいけれども。

作曲家ってどんな譜面を書くんだろうって調べてみる。
やっぱりショパンの譜面は弱々しげだった(笑)
ショパンって、ピアノは上手いけれど、
性格がダメな転校生みたいな感じがいいねえ。

では。もうすぐ桜、咲き誇りまする。

CIMG5948.jpg


3/22/2017

だらだら書く。

「やなさんといっしょ」で共演した方たちの
ライブを最近よく聞きに出かける。
みなさん伸び盛り、音楽の説得力が増していて
圧倒される。伸び盛り、いいなあ。
こっちは縮み盛り・・・
響きはいいね、チヂミザカリ。

曲を書いたりしてると、どうしても
ホッと一息のお酒がすすんでしまう。
スーパーに行くと、いやはや最近は
安くておいしいワインがいっぱいだ。
あたしゃ、プイイ・フュメっていう
仏産白ワインが好きだったのだけれど、
もう最近はチリワインでぜんぜんOK。
ああ、いつかサンチャゴで酔っぱらいたい。

オレはなんにもいらない、身一つ
で十分だ、なんて言っていたら
周りからツッコミが入った。
「曲という財産をつくろうと
してるじゃないの、いつも」
・・・たしかになあ。

はい、お時間きました。また。

IMG_0211.jpg

3/20/2017

昨日のライブに出かける途中、車が故障した。
あせった。

だいたい肝心な時に車が壊れる。
滅多にないPV撮影の日、ゲストをお迎えした
ライブの日など。ヤクザのベンツの前で故障した時は
なかなかの冷や汗ものだった。

笑えたのは、昨日故障して立ち往生した場所が、
自分がはじめてレコーディングらしきことを
経験した施設の前だったこと。
やっぱり古い歌をまとめて歌おうなんて
思うもんじゃないね。ハハハ。

IMG_0213.jpg


3/7/2017

かまやつさんが召された。お疲れさまでした。
何度かご一緒させて頂いた。粋でかっこいい、けれど
それがとてもナチュラルに見える方だった。
「ローリングストーンズは現代の貴族なんだよ」と、
リゾットとワインを召し上がりながらお話するかまやつさん、
あなたこそ貴族でした。

閑話休題

花粉の季節。今年は顔がボーッとする。
薬を飲むのはやめてひたすら別のことを考えることにする。
これも修行なり。

人生ではじめて石原慎太郎に少し同情する。

テレビはまとめて録画してみるのだけれど
ETV特集はいつもずっしりくる。ETV特集
だけでNHKの受信料払う価値があるね。

とりとめない文章ですまない。
雑文、どうぞお許しを。

RIMG0331 (1).jpg


2/28/2017

冬の寒い午後はキライではないなあ。
ボーッと平たい東京郊外をひたすら歩くのは
最高だ。

うすうすというか、ずっと気づいてはいたのだが
損得勘定ができない。酒場での割り勘ぐらいは
まだ計算できるんだけど、ちょっと条件が
こみいった計算になると頭に靄がかかってくる。
昨日もそんな状況に出くわして、簡単な問題に
答えられない劣等生のようにただうろたえていた。

なにせ勘定ができないのだから、
過去に自分がボッタクリにあったと
勘違いしていることもあるだろうし、
気づいてはいないがほんとうにボッタクリに
あっている場合もあっただろう。
それすべてわたしの愚かさゆえ・・・

今週はパソコンのデータ整理。
これがもうほとんど、がまん大会。
ああ、また出かけなくなってきた・・・

DSCN8197.JPG.jpg


2/22/2017

大阪から帰ってくる新幹線の中で白煙。
ヘアースプレーかなんかの撒きすぎだったらしい。
たまげたわ。

新大阪のうどんやで中国人のおっさんトリオ(正男似)
が、うどんのお汁のお代わりを店に要求していた。
トリオでお汁の回し飲み。露骨にイヤな顔をするお店の
お姉さん。なかなか大変、異人さんとの触れあい。

大阪のライブはいい感じだった。アンケートを
読ませて頂くと「最近、ずっと落ち込んでいたん
だけれど元気をもらいました」って方が多いねえ。
東京もそう。もう生きてると落ち込むのがあたりまえ
だって思った方がいいんでねえの?
落ち込むのがいやだからって、人生を降りるわけにも
いかんしね。無理してでも笑って生きてる人が
この世にはごまんといるわけだからさあ。
おっとと、説教じじいの時間はおしまい。

DSCN7607.JPG.jpg


2/15/2017

暗殺だとかダム決壊だとか、ワイルドだ。

大阪で何を歌うか思案していたら、40曲ぐらい出てきた。
歌いたい歌がないっていうことよりはいいけれど、
これもまた困ってしまうね

江戸の町民のユーモアだとか諧謔精神みたいなもの
に興味が湧く。殿様を小バカにしてるような
面白い小唄みたいなものはないものか。あったとしたら
今、誰がそれを継承しているのか。お調べしたい。

江戸の町民もそうなのだが、いつでもどこへでも行ける
「身一つ」の状態に最近ますます惹かれている。
わたしはなんやかんや貯め込むタイプなので
なかなかそういうわけにはいかなかったのだけれど。

この感じ、このまま増幅していくと出家ということに
なるのかな・・・単なる家出か(笑)

IMG_0204.jpg


2/7/2017

「バス旅」をした。あてもなく路線バス
に乗る。今回で2回目なんだけど、どうしても
武蔵小杉にたどりついてしまう。そこから先だと
川崎か、鷺沼の方・・・。陽が暮れてしまったので
電車で帰ってきた。のんきなおじさんだよ。

時々、国会中継なんか見てしまうと、まあ、首相の
嘘というか、詭弁みたいなのがなんであそこまで許されるの
だろうかと思うね。昔からのらりくらり答弁をかわすよう
なタヌキはいたけどね。変に堂々としてるんだよ、あの人(笑)

というわけで、今、静かに怒りを形に変えつつ・・・
弱きものの味方をするほどさ、こっちも余裕はないけどね。
いやな世の中になっていく、じゃなくて、もうなってるんだから、
そこからまた感じることもいっぱいあるわけで。
今、「ギターをとって弦を張れ」てな感じですわ。

Woody-300x274.jpg
Woody Guthrie〜THIS MACHINE KILLS FASCISTS

1/29/2017

モーションブルーでは自分が「柳原陽一郎」を演じる場面が
あったんだけれど、それがなかなか面白かった。

いざ人前で「自分」という役を演じて見なさいと言われたら、
もう、素(す)でやるしかないんだけれどね。その「素」がねえ、
どうやら基本「困り果ててる人」なんだよ、あたしの場合。
いったい何に困っているんだろうか?あたしは。

近所のレストランで流れていた青江美奈の歌にうっとりする。
「伊勢佐木町ブルース」・・・昨日歌えばよかったが、後の祭り。

DSC04066.jpg

1/24/2017


週末の横浜に向けて、役者さんと少しリハーサル。
「自分らしさ」を出そうとすればするほど、
自分らしくなくなるようだ。となると、
普段「自分」だと思っていた自分はなにか幽霊みたいな
あてにならないもんなわけで・・・

自分にこだわった暮らしをしてきたから、「自分」には
少々詳しいと思っていたが、まったくそんなことはなく、
ただの思い込みだった。
「自分」さえわからないのに、役者さんのように他人を
演じるなんて絶対、無理無理(笑)

役者さんは、「役」と「自分」との距離をどんなふうに詰めて
いくのだろうか。考えると大変なことになりそうなので
もう保留のままにしておこう。当たって砕けて恥かくぞ!

CIMG6829.jpg


1/17/2017


寒い。寒いがあえて散歩をする。散歩の後に熱い風呂に入る。
それが気持ち良くてねえ。

姪が合気道を習っている。実戦のVIDEOを見せてもらったの
だが、先生がものすごくかっこいい。指一本はらうだけで、
向かってくる大人たちが魔法のようにバタバタ倒れていくのだ。
道場に入門することも考えたが、怪我もやっぱり少しはするみたいで、
ちょっと躊躇している。自分、楽器を弾くからね。うーん・・・。

何かを学びたいなあ、という気持ちがここのところすごくある。
完全に新しい経験をしたい。YAMAHA音楽教室の
「オヤジのためのジャズピアノ」でもいいんだけど、
それ、ちっとも新しくない(笑)
うーん・・・。アラビヤ語、習うか、やっぱり・・・。

DSCN7745.JPG.jpg


1/7/2017


あけましておめでとうございます。

落語を見たり、初詣に行ったり、実家に帰ったりとなにかと
慌ただしい正月でした。ぼけーっとできたのは4日を過ぎてから。
仕事のメールがこないのがほんとに幸せで、もうこのまま落語を
聞きながら、日本酒飲んで死ねたらと思っていましたが、
残念ながらそういうわけにもいかない。さっそく請求書を書いたり、
人に会ったりで、あっという間にホリデーは過ぎ去ったのでした。

今年は戦争が起こるかもという人も、景気が良くなるという言う人も
いるけれど、ほんとうにがんばっている人たちが報われる一年に
なってほしいと思いますね。まじめでどうもすいません。
では、今年もよろしく。

CIMG6827.jpg
ウィーンのかたつむり

12/27/2016


やなちゃん大賞のノミネート作を書いたペーパー、どっかに
忘れてきてしまった。これから思いだし直し・・・。

四条は烏丸大丸のデパ地下はすっかりおせちモードであった。
わたしが生まれてはじめて行ったデパート食堂も烏丸大丸の食堂、
はじめて鉄道模型を買ってもらったのも烏丸大丸、
はじめてデパートで迷子になったのも(お呼び出し放送あり)
烏丸大丸である。おしゃべりな迷子は歌うジジイとなり、
ギターケースを背に酒のアテを物色しているのだった。

今年の夏からスマホにした。バスの乗り方も所要時間も
みんな教えてくれるんだなあ。複雑な京都市内のバス路線も
あっさりとクリアできてしまうのだが、スマホの電源は切った
勘を頼りにエイっとバスに飛び乗って、とんでもないところに
連れていかれる方がぜんぜん面白いからね。しかも
景色とか見なくなっちゃうしね、スマホに首ったけになってしまうと。
ありゃ、洗脳グッズなり。

で、思いだしました。

2016 やなちゃん大賞

ーノミネートされた出来事ー

NaNaさんの「ホントのバラッド」でのコーラス(1月の曼荼羅)
センテンス・スプリング
本 「嫌われ松子の一生」山田宗樹
映画「凶悪」
映画「ミレニアム」三部作
熊本上通り、長崎書店の品揃え&ジャン・ジュネ「泥棒日誌」
福岡、箱崎のシブい居酒屋さん
本「へろへろ」鹿子裕文
本「談志のことば」立川志らく
ウィーン、生クリムトの前で小学生と色彩のお勉強
岡山の天ぷらうどんとその店の親父のいい感じ
京都、シャンパンファイトで悶絶
金沢、宇宙軒食堂の豚バラ定食
アナログ回帰、レコード市でJohn Simonのレコードなど買い漁る
狩野アナ、もやさま卒業にもらい泣き
本「猫鳴り」沼田まほかる
ドラマ 「刑事ヴァランダー」は主人公が呆けてしまって最終回

で、大賞は

(ドラムロール)

岡山の天ぷらうどんとその店のオヤジのいい感じ。
岡山市北区宗忠神社近く

とさせて頂きました。
みなさまが聞いてくれるからこそ成り立つ旅暮らし。
旅の途中、ひたむきでナチュラルな感じのオヤジを見ると
ホっとしますね。オヤジ、来年も行くからさ〜

では、良いお年を! や

IMG_0164.jpg
京都の路地裏です。

12/21/2016


師走。やはりわさわさしてしまい、そのわさわさを忘れるために
お酒を飲んで、またわさわさしてしまうのだからもうどうしようもない。

人の家でたっぷり飲んでしまって寝てしまい、翌朝に目が醒めた時の
「ん?ここどこ?」というあのまっ白けな瞬間が大好きである。
まっ白けから脱出しようと、ほんの数秒間、酔いざめの頭を
猛烈に働かすあのドタバタする感じもたまらない。
そんな時慌てずに、まっ白けよ、このまま続け、
念じてみたら、まっ白けの幸せのままでずっといられたりするのかも・・・・
なんてことを考えるんだから、あたしゃやっぱりのんき者だね

DSCN2304.JPG.jpg

12/12/2016


近所の公園で紅葉狩り。まだまだ紅い葉があってうれしい。
今年の漢字は「金」・・・なんだかよくわからない。

「日本語で『I miss you』はなんと言うの?」と私に問うた
シリヤのお姉さんは元気だろうか。国を追われる民もいれば、
芸能人のスキャンダルや謝罪で大騒ぎする民もいる。
心の奥の方のもやもやは来年に持ち越しだ。

今年は芝居を何本か見たのだけれど、あの照明や音響ありきの、
お決まり盛り上げ進行はなんとかならないものか。
田舎の結婚式じゃないんだからさ。貧弱だろうが、未完成だろうが、
内容で攻めている人やモノがあたしは好きだからね。
見せかけのゴージャス感・・・誰も文句言わなくなっちゃったのかねえ。

ボブ・ディランはね、ラブソングがいいよ。彼の中で私の好きな歌を
一つあげるとするなら、「Is Your Love In Vain?」という歌。
ほんとになんてこともないあっさりとした歌なんだけど、
軽い歌の中にこそ彼の本音がチラホラ見えるところがね、
たまらんばい。今日はディラン酒。

IMG_0127.jpg


12/3/2016


ひさしぶりにカバー曲探し。そろそろ短調の曲をやっても
いいかなと思っている。昔から短調の曲はできるだけ避けてた。
できるだけ明るくバカをやろうとしていたからね。
ま、そろそろやってもいいお年頃じゃないかな。

ジョン・レノンのマッカートニー夫妻宛の手紙がなかなか痛烈で面白い。
「もちろん、僕らは世界を変えた。でも、挑戦してみて、
それに従っただけだ。ゴールド・ディスクを外して、投げ捨てろよ。」
ワハハハ、『歌手はうたうだけ』をレノンにお聞かせしたかったよ。

ところで、ピコ太郎、いいね。なにもかもがユーチューブにうまくハマってる。

ということで。やな太郎


DSCN0775.JPG.jpg

11/27/2016


節(ぶし)にこだわってたら、結局、歌謡曲の方にいってしまう予感。
とはいうものの、筒美京平さん以前の歌謡曲だから。
んーと、ジャズとラテンと小唄が妙に混じり合ってる頃の歌謡曲。
なんだかね、あたしゃやっぱりそういうヒトなのかねえ。

今日は美空ひばりの1950年代の曲とボブ・ディランの
「リアル・ロイヤル・アルバートホール」を聞きつつ、
スタッフが更新している情報をPCで眺めてます。
1966年以降の音楽、オレには必要ないかも・・・
やっぱりオレはそういうヒトだった(笑)

雪だるま、ちょっとおしゃれなブログっぽく。

IMG_0042 (1).jpg

11/24/2016


「今までお読み頂きありがとうございました。
無責任に歌ったりするのは好きなのですが、
文章ではなかなか無責任に開き直れないもどかしさを
ずっと感じていました。メロディーがなければ
わたしの言葉など戯言でしかないという事実を
いさぎよく認めて、このブログを閉じようかと思います。
9/29/2015」

ということで、10年続いたブログ「安愚楽Days」が
終わったのは昨年。

正直、この国や世界に対してたくさん言いたいことも
あったけれど、うーん、たかが歌手がそんなことばっかり
書いてもどうなんだろうかと、思ったり。
秘密法成立あたりから、なんか確実に世の中がイヤな方向に
行ってる気がしてたんだわ。ま、思いやりのない社会ね。
世間には思いやりって何?みたいな感じさえあるなあ。
で、なんだか黙ってました(笑)

ま、難しいよね、何事も考え過ぎちゃうとね、
やーめた、という方向に行きがち。

あと、ファンの方でね、いろんな事情で東京を離れる方も
多くなってきたのです。だから、そういう方たちのためにも、
わたしの近況、時々書きますね。ということで「やな日記」、
ま、週一ぐらい更新でしょうか。

ということで。や

CIMG6788.jpg